蜃気楼の護り手
RFオンラインのきままなプレイ日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種族GT狩り
ども、デスペナ来ても全く困らないみらです。
フォースを除く戦闘熟練をカンストさせてから次のLvにあげている自分にとって
Lv上げの期間はフォース上げと同意なわけで、実際他熟練よりフォースが劣ってるんで
多少Lv上げに手間取った方が何かと好都合なのです。
まぁ、フォースはPT狩りで使いやすいから、それほど苦労せずに上がるとは思いますが…


さてさて、今日は熟練主体の自分の狩り方 その2です。
といっても今のところ素手レジュと種族GT(ガードタワー)狩りしかしてないんですがね
今回は「種族GT狩り(自分が勝手に命名)」について説明。

狩場は種族GTがついてる場所ならアナカデでもソルスでもいいんですが
今の自分の狩場、発着場入り口のSSを使って説明します。
ベラートキャラに攻撃した敵を問答無用で射殺する脅威の兵器ガードタワー
その攻撃力は半端じゃなく、敵NPCなら一瞬で沈みます
しかし、ただGT周辺で狩っているだけでは1回攻撃しただけでGTが反応し、
熟練も入らないうえにドロップもしないと、いいことがありません。

そこで予めGTの射程外で敵と戦闘して、ギリギリまで体力を削ります。
mira004.jpg


そして他人になすりつけないように注意しつつ
GTの前まで敵を誘導し、とどめの一撃をGTに任せるのです。
mira003.jpg



この行為の利点はLAボーナスが入らなくなることです。
熟練度を稼ぎたいが、メインLvを上げてしまうと熟練度を稼ぐのが辛くなる
出来る限りメインLvをあげずに熟練度を稼ぎたい
熟練度を必要以上に特化するプレイヤーがいつも悩まされることです。
大抵Lvがあがりかけると自らデスペナを稼いだりしますが、
そういう時に限ってデスペナが貰えなかったりしますし、
何より「デスペナを貰いに行く」という行為が面倒です。

この方法を使えばメインLvの上昇を抑制することが出来ます。
RFオンラインでは敵に攻撃した時に経験値が加算されますが、
とどめをさした(LA)時に一番多く経験値が入ります。
むしろ、攻撃1回1回の経験値はおまけみたいなもので
メインはこのLAによる経験値です。

LAをGTが行うことにより、敵本体の経験値はGTが取得したことになり
プレイヤーには全く入ってこないのです。
しかも瀕死まで削ると、GTで倒しても敵が戦利品をドロップするおまけつき

戦闘熟練を稼ぐだけ稼いで、メイン経験値は放棄する。
熟練メインのプレイヤーにとって理想の形だと思います(・∀・)b
欠点は狩場がかなり制限されることと、GTに敵を持っていくのに手間がかかることですが
デスペナを貰いにいかなくてもいいと思えば、この狩り方もありなんじゃないでしょうか
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://callistomira.blog56.fc2.com/tb.php/2-7eb95645
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。